【速報】準決勝 札幌第一VS道大谷室蘭

1527915651144.jpg





Sponsored Link
第57回春季全道高校野球大会

日程:5月28日~6月3日
会場:札幌円山球場



Sponsored Link
準決勝
<2日>
開始:12時40分 ゲームセット14:27

札幌第一(札幌支部)4-2道大谷室蘭(室蘭支部)

<見どころ>
札幌第一は1回戦・白樺学園に12-8。2回戦・旭川実業戦で初回に7点を奪うも粘る旭実に10-8と打撃戦を制した。同校は支部予選から5試合で1試合平均10得点と猛打を発揮している。道大谷室蘭は1回戦・函大有斗に3-2、2回戦・士別翔雲6-3と競り合いに勝利し、春全道4強入りは23年ぶり。同校は走者が出ると確実に犠打で好機を広げる攻撃パターン。対極的な両校の戦いで注目すべきことは道大谷室蘭・森 竜太投手(3年・伊達光陵中)、石田龍一朗投手(3年・室翔陽中)、泉 海斗投手(3年・登別緑陽中)らの継投対、好調・札幌第一打線の構図が予想される。札幌第一の2番・若松尚輝(札幌東BBC‐鉄東スワローズ)、3番・小川 柾(3年・札幌真駒内シニア-西岡ボルテージ)、4番・柴田 颯(3年・小樽シニア-銭函ボーイズ)、5番・村田凛(2年・札幌南シニア-羊ヶ丘ブルースターズ)、6番・大宮昂汰郎(2年・苫小牧シニア-白老町少年野球クラブ)、8番・畠山 和明(2年・旭川大雪ボーイズ-永山南クラブ)らはあたりにあたっている!どう対峙するのかが注目だ。

道大谷室蘭
000100001=2
20001001x=4 
札幌第一
(道)泉、石田(1回)-吉田
(札)野島ー村田
▽二塁打:小川、若松(札)
1回表・道) 三者凡退で無得点。
1回裏・札)3番・小川、4番・柴田のタイムリーで2点先制した。
2回表・道)四球の走者を出すも後続が倒れ無得点。
2回裏・札) 8番・野島からの攻撃で、三者凡退の無得点に終わる。
3回表・道) 7番・木村からの攻撃だったが三者凡退で無得点に終わる。
3回裏・札) 2番・若松からの攻撃だったが三者凡退の無得点に終わった。
4回表・道) 二死二塁から4番・神がレフト前タイムリーヒットで1点。
4回裏・札) 一死一、三塁の好機を作るも後続が倒れ無得点に終わった。
5回表・道) 二死から死球の走者出すも牽制死で無得点。
5回裏・札) 一死二塁の好機から2番・若松が左中間を破るタイムリー二塁打で1点加え2点差と突き放した。
6回表・道) 9番・槙から始まる攻撃でしたが三者凡退で無得点に終わった。
6回裏・札) 5番・村田から始まる攻撃でしたが三者凡退の無得点に終わった。
7回表・道) 3番・三枝からの好打順だったが三者凡退の無得点に終わった。
7回裏・札) 一死から9番・大平がレフト前を放ち。チャンスメイクするも無得点。
8回表・道) 6番・吉田からの攻撃だったが三者凡退の無得点に終わった。
8回裏・札) この日も絶好調2番・若松がライト前で好機を作ると犠打で二進。パスボールもあり一死三塁から4番・柴田がセンターへ犠牲フライで三走・若松が生還し1点。
9回表・道) 一死から1番・石垣がレフト前で出塁するとパスボールから三進。2番・坂本の
内ゴロの間、山走・石垣が生還し、1点。しかし後続が倒れ試合終了。

<2018春全道>札幌第一野球部ベンチ入りメンバーはコチラ
<2018春全道>道大谷室蘭野球部ベンチ入りメンバーはコチラ

"【速報】準決勝 札幌第一VS道大谷室蘭"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。