【速報】2回戦 札幌日大VS北海




Sponsored Link
第57回春季全道高校野球大会

日程:5月28日~6月3日
会場:札幌円山球場



Sponsored Link
◆2回戦
<30日>
開始:14:23 ゲームセット16:07
札幌日大(札幌支部)9-1北海(札幌支部)

<見どころ>
 北海は初戦、初出場の釧路明輝に11‐0の大勝で2回戦にコマを進めた。なんと言ってもエースで4番で主将の井平光紀投手(函館東シニア)のピッチングがカギとなる。タイプは違うが、この3つの大役をこなすのは二年前の大西慶斗(現・慶大2年)以来となる。井平は右サイドハンドから投げ込む直球と変化球のコンビネーションでピッチングを組み立てる。好調・札幌日大打線と相対す。攻撃では1~9番まで鋭い打球を放つ打者たちはやはり北海のDNAを受け継ぐ。
 札幌日大は打力の良い富良野との打ち合いに勝利し、2回戦進出を決めた。主将の奥澤完偉(恵庭シニア-恵み野ロイヤルズ)が、3打数2安打2打点と大活躍。2年連続開幕戦を飾った同校は、一皮むけててっぺんを掴みに行く。昨年から監督を務める秋葉拓也監督(29)は、第88回全国高校野球選手権で日大山形時代ベスト8に貢献。同年の日本代表※にも選ばれるほどの逸材。大学は東都大学リーグの日本大学と野球エリートだ。北海を破ることとなると秋葉イズムに注目が集まる!

今日一番のベストカード“札幌日大VS北海”に 聖地・円山は大いに沸くはずだ!

札幌日大
3510000=9
0001000=1
北海
(札)木山-佐藤宏
(北)伊藤、大窪(2回)、岩田(3回)金田(6回)-太田
▽本塁打:木山(札)
▽二塁打:奥澤、高橋、杉谷(札)井平(北)

<2018春全道>札幌日大野球部ベンチ入りメンバーはコチラ
<2018春全道>北海野球部ベンチ入りメンバーはコチラ

 

※<2006年高校日本代表>

【投手】

斎藤佑樹(早実)

田中将大(駒大苫小牧)

榎下陽大(鹿児島工)

乾真大(東洋大姫路)

駒谷謙(福知山成美)

金城長靖(八重山商工)


【捕手】

鮫島哲新(鹿児島工)

橋本良平(智弁和歌山)

秋場拓也(日大山形)


【内野手】

中沢竜也(駒大苫小牧)

広井亮介(智弁和歌山)

今吉健志(鹿児島工)

後藤貴司(早実)

林崎遼(東洋大姫路)

宇高幸治(今治西)


【外野手】

船橋悠(早実)

本間篤史(駒大苫小牧)

塩沢佑太(帝京)



この記事へのコメント