札幌東、準決勝で涙

札幌東・近藤投手.JPG
(写真・10日付、北海道新聞より)




Sponsored Link
 10日付の北海道新聞によると9日、札幌円山球場、札幌麻生球場の2球場でA、B、D、Eの準決勝6試合を行った。柔道の一本背負いにも似た投球フォームで話題となった札幌東の背番号10・近藤斗貴投手(2年・札幌啓明中-緑丘ホーマーズ出身)は、強豪・札幌日大高相手に、151球投げ抜いたが延長11回の末3‐4で涙した。夢の46年ぶり地区代表を目指したが来年に持ち越しとなった。

【Aブロック】
▽準決勝
札幌大谷
15121=10
00000=0
北海学園札幌
(札)菊地、将田-飯田
(北)坂本、篠原、後藤-千代川
▽本塁打:石鳥(札)

とわの森
000020001=3
000000110=2
札幌工業
(と)菊地、近江、菊地-川本
(札)西野-大坂

【Bブロック】
▽準決勝
札幌山の手
00032010022=10
20000400020=8
札幌丘珠
(延長十一回)
(山)柳沢、石田‐中田
(丘)山川-佐々木

【Dブロック】
▽準決勝
札幌静修
2023051=13
0000120=3
札幌あすかぜ
(七回コールドゲーム)
(静)桜田、早坂-奈良
(あ)野沢-川端
▽本塁打:住谷(静)

【Eブロック】
▽準決勝
札幌日大
01000010011=4
00000200010=3
札幌東
(延長十一回)
(日)石井、斉藤、木山-瀬尾
(東)近藤-山口
▽本塁打:小成、杉谷(日)

恵庭南
0000100=1
0104012=8
札幌月寒
(七回コールドゲーム)
(恵)内田、宮本、木元-今井
(札)安井-北脇





Sponsored Link


この記事へのコメント